医院紹介

〒444-0827
岡崎市針崎町唐桶26番地2
(岡崎駅南土地区画整理事業51街区8-1画地)

医院紹介
CLINIC

当院の特徴

ありま脳神経外科クリニックでは、
下記症状に対して専門的な診断・
治療を行っております

  • 頭痛
  • めまい
  • しびれ
  • もの忘れ

こんな方もご相談ください

  • 脳卒中が心配
  • 身内が脳の病気にかかった
  • 認知症が心配

※無症状の方には脳ドックプランをご用意しています。


PROFESSIONAL

脳神経外科学会専門医・
指導医による診察を行っています

日本脳神経外科学会専門医・指導医の資格を持つ院長が脳や脊髄・脊椎疾患、脳ドックなどを専門的な視点から診察することができます。
頭痛、めまいや脳卒中をはじめとする脳、脊髄に関する心配やお悩みはお気軽にご相談ください。

脳卒中の予防と再発防止に力を入れています

近年、脳卒中の方は増加しており、予防の重要性が広く言われています。一方、脳卒中を起こされた方は再発が心配なまま、日々を過ごされている方も少なくありません。
そこで当院では身近なクリニックで、そうした患者さんにも安心していただけるよう、高性能MRIやエコー検査を導入し、脳卒中予防としての生活習慣病診療や、脳卒中治療後の再発防止、フォローに力を入れています。
脳卒中が心配な方、検診で生活習慣病や動脈硬化の疑いのある方など、ぜひ一度ご相談ください。

迅速な対応と円滑な病診連携で
患者さんにより良い医療を提供します

Time is Brain…脳の病気には、脳卒中や脳腫瘍などすみやかに診断し、手術やカテーテル治療など専門的な治療を必要とするものがあります。当院では高性能MRIを設置していますので、迅速な診断が可能です。また必要であれば、近隣の総合病院とのスムーズな病診連携が可能であり、患者さんにより良い医療を提供します。

新しい片頭痛予防薬 “CGRP関連抗体薬”
にも対応しています

片頭痛は近年、脳内にあるCGRPという物質が増え、脳の血管に作用して起こることがわかってきました。2021年にわが国で認可された「エムガルティ」や「アイモビーク」、「アジョビ」などの新しい片頭痛予防薬“CGRP関連抗体薬” は、このCGRPの働きを抑える効果を持ち、頭痛発作の回数や痛みの緩和が得られ、QOLの改善が期待できる薬剤として注目を浴びています。
当院は注射実施可能施設であり、一定の条件を満たした患者さんには選択肢の一つとしてご提案しますので、片頭痛にお困りの方はお気軽にご相談ください。

多様なリハビリテーション機器

頭痛症状や脳卒中後遺症で来院される方は、首や腰に慢性的な痛みや筋肉の張りや肩こりなどにもお悩みの方がとても多いです。
当院では、消炎鎮痛処置として物理療法(ウォーターベッド、頸椎・腰椎牽引、干渉波、ホットパックなど)を用いて動作の改善や機能回復、疼痛の除痛などに対応いたします。

西洋医学と東洋医学を併用した
治療を行っています

当院では、頭痛に関して西洋医学と東洋医学を併用した治療を行っています。
患者さんの症状や体質に合わせて東洋医学(漢方)を処方することもあります。
これまでの治療に漢方を併用することで治療効果を上げたりすることができますので、患者さん一人ひとりの症状に合わせて適切な治療をご提案させていただきます。

分かりやすい丁寧な説明を
心がけています

当院では、専門用語はできる限り使用せず、患者さんに寄り添った分かりやすい丁寧な説明を心がけております。どのような事でもご不安な事やお悩み事がございましたら、お気軽にご相談ください。


FACILITY

1.5テスラMRI

当院では高性能1.5テスラMRI装置を設置しております。MRIは磁石と電波を使って体の様々な断面像を撮像するため、放射線の被ばくはありません。従来のMRI装置と比較し、広い検査空間と画期的な静音機構を備えており、患者さんに負担の少ない検査をご提供できます。
小さな脳梗塞やくも膜下出血の原因となる脳動脈瘤などの早期発見、認知症に関わる脳の加齢性変化や海馬萎縮の評価などに有効な検査です。
小さな脳梗塞やくも膜下出血の原因となる脳動脈瘤などの早期発見にも有効な検査装置です。

超音波診断装置(エコー)

当院では、超音波を利用して身体の中を観察できる超音波診断装置を導入しています。
頸部にあてることで、動脈硬化(プラーク)の程度や頸動脈狭窄の程度などを調べることができます。
脳梗塞の予防には、超音波診断にて頸動脈の状態を早期に把握し、何かあった場合には早期に対応することが一番です。

骨密度測定装置(DEXA)

当院では、骨粗鬆症ガイドラインで推奨されているDEXAによる骨密度測定を行っています。
寝たきりを防止するためには、その主な原因となる、骨粗鬆症やロコモティブシンドロームを予防していくことが大切です。
微量なX線を当てて大腿骨頸部、腰椎の正確な骨密度を測定する方法で、従来の方法より正確な骨密度の測定結果を知ることができます。
骨密度を測定することでご自身の骨の状態を知り、早めに対策をとっていくことが大切です。


HOSPITAL DESIGN

小さなお子さんからお年寄りの方まで、ご家族皆さんで安心してご来院いただけるよう通いやすい環境を心がけています。
リラックスしてお待ちいただけるゆったりとした待合室や大型駐車場も完備しています。
また、バリアフリー設計のためベビーカーや車椅子でもお気軽にご来院ください。

ゆったりとした待合室

待合室は、密にならないように1人掛けの椅子で、ゆったりとできる空間にしております。リラックスしてお待ちください。

大型駐車場完備

医院の前にお車を停めやすい広々とした大型駐車場を完備しております。お車でも安心してご来院ください。

院内感染防止対策について

風除室&自動検温器

当院では、風除室(玄関と医院の内扉の間の空間)を設けており、そこに自動検温器を設置しています。
もし体温が高かった場合は、医院に入ることなく対応することができますので安心です。

手指消毒

入口にアルコール消毒をご用意しておりますので、ご来院の際はアルコールで手指の消毒をお願いいたします。

待合室のソーシャルディスタンス

待合室は患者さん同士で密にならないよう、1人掛けのゆったりと座れる椅子をご用意し、ソーシャルディスタンスを保っていただけるようにしております。

空気清浄機

各部屋に空気清浄機を設置し、よりよい空気環境でお過ごしいただけるようにしています。
また、小まめに換気をすることで空気の入れ替えを行っておりますのでご安心ください。

こまめに清掃

待合室やドアなど患者さんがよく触れる場所は、こまめにアルコール消毒を行っています。
また、診療室や待合室なども小まめに清掃、院内感染防止対策に努めています。

院内紹介

設備紹介

  • 1.5テスラMRI
  • 超音波診断装置
  • 骨密度測定装置
  • レントゲン装置
  • 血圧脈波検査装置
  • 心電計
  • ウォーターベッド
  • 低周波治療器
  • メドマー
  • 牽引器
  • ホットパック
  • 高圧蒸気滅菌器
  • AED